消費者金融って意外と詳細とか実態を知らないですよね

    多重債務者とは?

    ●返済能力を超える借金●

    多重債務とは、返済が困難になるほど、借金総額が膨らんだ状態です。通常、1社からの借り入れのみで多重債務になることはありません。多重債務に陥る人の大多数は、複数の業者から借り入れをおこなっています。
    借り入れがいくら以上になったら多重債務かという基準については、個人差が大きく、金利も影響してきますので、一概にはいえません。1000万円の借金があっても十分返済可能な人もいれば、200万の借り入れで多重債務になってしまう人もいるでしょう。通常の状態と多重債務を明確に区別するのも難しいでしょう。気づいたら多重債務だった、というケースがほとんどだと思われます。
    業者は返済能力を考慮して貸しつけをおこなっています。しかし年収などは利用者の申告を信じるしかありませんし、それほど詳細な審査がおこなわれているとはいえません。実際、返済能力を超えても借り入れは可能です。貸してくれるから借りる、のではなく、しっかりとした計画のもとに利用するようにしてください。

    ●多重債務になるとどうなる?●

    多重債務に陥ってしまうと、通常の返済方法では、完済の見込みはほとんどありません。したがってとりあえず返済期日を1ヶ月先送りにするために、他社から借り入れをおこなって返済にあてる、という方法を選択する人が多いようです。
    しかし借金返済のために借金したのでは、借り入れ総額は膨らむばかりで、状況は悪くなる一方です。冷静に考えれば当たり前のことですが、借金総額があまりに多くなると、プレッシャーから理性的な判断ができなくなり、とにかく目の前の返済をクリアすることが第一目標になってしまうことがよくあります。
    返済のことばかりを考えていると、気が滅入ります。完済の見込みがないほどの多額の借金ならば、なおさらです。業者からの返済の催促も、ストレスの一因となるでしょう。深夜に訪問するなどの違法な取り立ては、通常の業者ではまずおこなわれませんが、それでも精神的な負担は大きいでしょう。このような精神的な圧迫感は、多重債務の大きな弊害といえるでしょう。

    ●多重債務を防ぐ基本的な考え方●

    返済能力の範囲内で借り入れをおこなえば、多重債務に陥ることはありません。最も簡単なのは、複数の業者のカードを作らないことです。たとえば上限50万円のカードが1枚あれば、消費者金融の恩恵は十分に受けられるはずです。そもそも金利の高い消費者金融は、多額の融資には向いていません。1枚のカードで対応できない場合は、消費者金融以外の解決策を考えたほうが賢明かもしれません。
    消費者金融は非常に簡単に借り入れがおこなえるため、安易にカードを増やしてしまうと、あっという間に借金総額が増えてしまうことがあります。新しくカード発行の申し込みをする場合は、本当に必要なのか、事前によく考えておく必要があるでしょう。

    近頃良く聞く消費者金融について、このホムペでチェック